FC2ブログ

マーケット・レーダー

商品先物相場の方向性を鋭くキャッチ・・・マーケット・レーダー


本日終了してゴム・オイル

本日終了してのガソリン・ゴムです。

東京ガソリン 46250円 +1400円 買い方針

ランチタイムにも書いていますがここ最近の小さな保ちあいを放れてきたとも見れる形状です。明日の動きが注目されるとこですが明日は下値は44620円と44390円が注意価格で上値は47400円が注目価格。

東京ゴム 169.9円 +6.1円 買い方針

ゴム 

綺麗な形状になっています。戻り高値更新を続けていますのでエントリーしにくいと思われてる方も多いかと思いますが下手な値ごろ感は排除し、ゴム特有のアノマリーも考慮しながらの対応。下値は167.2円や157円と少し幅は広いですが注意価格としての対応かと思います。

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


本日終了して貴金属

本日終了しての貴金属

東京金 2880円 -48円 売り方針

金 

残念ながら目先は売り方針となっています。3/30の安値を一時割り込む状況。大引けにかけて値段多少戻すも抵抗価格は突破できず。明日は下値は2845円が注目価格で上値は2925円が注意価格。

東京白金 3755円 +17円 買い方針

白 

綺麗な上昇を継続中。実勢悪などなんのそのと思うような動きです。テクニカル的にはとにかくトレンドサポートライン価格の割り込みには注意しての対応となります。明日は3630円や3623円が下値注意価格。

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


本日終了して穀物

本日終了して穀物

東京コーン 22310円 +780円 買い方針
+2σ水準も突破してきており勢いがついてきた感があり。明日は21500円が下値の注意価格。転換ライン水準を割り込まない限り現状維持スタンス。

東京一般大豆 41740円 +1740円 買い方針
こちらも大きく上昇して終了。

406一般 

明日は41140円や40000円が下値注意価格。高値更新の間は素直についていきたい。

東京NON大豆 52150円 +1750円 買い方針

一般大豆と同じ展開。明日は51290円に注意しての対応ですが大幅な下げがあったとしても転換ラインには届かきません。

アラビカコーヒー 20530円 +360円 買い方針

20590円の高値は更新できず。明日は20390円が目先注意価格か・・・。

東京粗糖 35250円 -120円 買い方針
出来高が相変わらずな粗糖ですがチャートは綺麗な形です。

粗糖 


トレンドライン割らない限りは方針継続で対応かと思われます。

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




04 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
はじめに
当ブログに掲載されている内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますので、あらかじめご了承ください
重要開示事項
プロフィール

横谷 孝史

Author:横谷 孝史

20代前半に劇症肝炎にかかり半年入院するも奇跡的に生還する強運の持ち主。現在、ブログやセミナーを通じて相場情報を提供中。
ブログ「マーケット・レーダー」では相場に対して真剣に向き合っておられる投資家の皆様と一緒に日々鍛錬していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

株式会社コムテックス
連絡先 0120-433-667

メール会員募集中(^^♪
Email2会員
開催中のセミナー
情報サイト
売買方針に特化した相場情報サイト 「CXマーケットEye」詳細はをクリックしてください

フュージョントレード誕生(^^♪
プルダウンリスト

Archive RSS Login