FC2ブログ

マーケット・レーダー

商品先物相場の方向性を鋭くキャッチ・・・マーケット・レーダー


商品先物取引は夜間売買できます

 
当社は対面取引でも朝5時半まで注文受け付けております!


取引時間

取引所の取引時間

東京商品取引所の取引時間は、日中立会は「8:45~15:15」・夜間立会は「16:30~5:30(29:30)」です。 なお、ゴム夜間立会の時間は、「16:30~19:00」となります。

ザラバ取引の取引時間

商品先物取引入門「取引時間」のワンポイントアドバイス

金や原油などの商品は、日本が夜の時間帯でも欧州や米国などを中心に取引され、価格が刻々と動いています。朝5:30まで市場が開いていることにより、海外のコモディティ市場や為替の動向を睨みながら日本の市場で金や原油などをリアルタイムに取引できます。

ザラバ取引と引板合わせ

「ザラバ取引」とは、株式取引などと同じ方法で、取引開始時間、取引終了時間が決められていて、その間は自由に取引価格が決められていく方法です。
東京商品取引所では、日中立会のザラバ取引時間が「8:45~15:10」、夜間立会のザラバ取引時間が「16:30~5:25」(ゴムは18:55)となります。

ザラバ取引時間終了後に、5分間の注文受付時間を設けて取引時間の最後に引板合わせが実施されます。

ノンキャンセル・ピリオド

日中立会の寄板合わせ、夜間立会の寄板合わせ及び引板合わせ直前に1分間の注文訂正と取り消しを行うことができない時間帯があります。 その時間帯をノンキャンセル・ピリオドと呼びます。


引板合わせ時間







ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

商品先物取引NO5

株式との比較


株価は、主に景気動向や各企業の業績で変動します。一方商品先物取引は貴金属や石油製品、農産物など多くの商品が取引されていますので、価格変動の要因は、為替変動、世界経済の動向、諸外国の政治情勢や地域紛争、天候などさまざまです。それらが商品の需要と供給を左右します。

投資対象株式現物FX(USD/JPY)商品先物(ゴールド)
取引目的価格の上昇を予測して利益を得る価格の上昇もしくは下落を予想して利益を得る価格の上昇もしくは下落を予想して利益を得る
投資資金現金にて総代金総代金の4%以上の証拠金
(レバレッジ25倍以下)
総代金の1~10%の証拠金
(レバレッジおよそ70倍)
投資期間無制限無制限最長1年程度
(限日取引は無制限)
取引単位ほぼ100株単位10,000通貨1,000グラム
投資タイミング上昇局面上昇・下落局面上昇・下落局面

取引単位(平成29年10月2日現在)
東京金1,000g
原油50kl
ゴム5t
東京とうもろこし50t

取引単位

株式では取引の単位が、1000株、100株、1株と銘柄によって定められています。商品先物取引でも、各銘柄ごとに1000g、50kl、50tと取引の単位が定められており、この取引の単位を「枚(まい)」と呼びます。










 ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

商品先物取引とは!期限がある

 é™æœˆãŒã‚ã‚‹

商品先物取引には、取引に期限があります。この期限のことを「限月」(げんげつ)と呼びます。
限月は、取引の対象となる商品ごとに6ヶ月・1年間という風に、具体的に定められています。

東京金の限月

期限が一番遠いものを「期先」、期限が一番近いものを「期近」と呼びます。

「限月」の最終取引日のことを「納会日」といい、この日までに原則として決済する必要があります。
日本の商品先物取引の場合、限月は最長でも1年先に設定されていますから、一般投資家の大半はこの1年のうちには決済をします。

ただ、納会日までに決済せずに納会日の後に、取引している量の総代金を払って実際の現物商品を受けとることもできます。これを「現受け」といい、当業者(実際にその商品を扱っている関係者)や商社が主に行う取引になります。
金限日取引(ゴールドスポット)・白金限日取引(プラチナスポット)には期限がございません。
※売り契約の時は、現物商品を渡して総代金を受け取ることになります。
※当社オンライン取引は現物による受け渡し決済を行っていませんのでご注意ください。

商品先物取引入門「限月がある」のワンポイントアドバイス

一般的に、個人投資家の方は「期先」を選んだほうがよいとされています。日本の商品先物取引は、期先になるほど出来高(取引量)が多いためにスムーズに売買が成立するからです。「納会日」が近づいてくるほど、売買の流動性が下がり、売りたくても買い手が少なくなり、価格の変動も大きくなる事もあります。「期先」の方が時間的に余裕をもって売買をすることができます。





ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

商品先物取引はレバレッジが魅力!

 è¨¼æ‹ é‡‘制度である(金のレバレッジはおよそ70倍)

証拠金制度

委託者証拠金【平成30年1月15日現在】
東京金66,000円
ゴールドスポット6,600円
ドバイ原油95,000円
ガソリン90,000円


商品先物取引を取引するためには、取引の担保として取引証拠金が必要です。
取引証拠金は毎月各銘柄ごとに定められています。

この金額は、取引を行う商品の総額に対して約2~10%程度になるために、仮に200万円の商品の先物を取引する場合、10万円程度の資金で取引ができることになります。

レバレッジ(てこ)の原理

金1g=4,700円の時に1,000gの取引をする場合、通常取引なら4,700,000円の資金が必要ですが、商品先物取引では、66,000円の取引証拠金で取引することができます。【平成30年 1月15日現在】

少ない資金で大きな取引を行いますので、大きな利益となることもありますが、その反面、マイナスが大きくなることもありますので注意が必要です。


レバレッジ

取引証拠金66,000円で、東京金1000gの取引が可能です。金1gが4,600円前後ですので、4,600,000円の取引になります。 取引証拠金66,000円のおよそ70倍の金を取引していることになります。【平成30年1月15日現在】

この70倍という倍率のことをレバレッジと呼びます。

商品先物取引はレバレッジが固定されているわけではなく、商品の価格や証拠金の額によりレバレッジは日々変動します。また、銘柄によりレバレッジは大きく異なります。

レバレッジ表



FXのレバレッジとの違い

商品先物取引の証拠金額は、日本商品清算機構(JCCH)により定められており、
商品先物会社は、この証拠金額以上の額を投資家から預かることになっています。
上場商品の取引単位も取引所により定められていますので、
レバレッジを個人で選択することはできません。
国内の商品先物会社はすべてこの制度を採用していますので
会社によるレバレッジの違いはありません。




ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで














◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

商品先物取引は空売り!がある

売り買いがある 

商品先物取引は、「買い」だけでなく、「売り」からでも取引をスタートできます。
「買ってから値上がりした時点で売ると利益」だけではなく、「売ってから値下がりした時点で買うと利益」となり、どちらでスタートしても構いません。

「将来、値上がりするのでは?」と思えば買いでスタートして、「将来、値下がりするのでは?」と思えば売りでスタートすることができます。相場の下落局面でも、利益を狙うことができるのが商品先物取引の特徴です。

値上がり投資と値下がり投資

また、FXのように売りに対してスワップ金利が発生しません。ただし、買いについてもスワップ金利が発生しないので注意が必要です

商品先物取引入門「売り買いがある」のワンポイントアドバイス

「買付け」て取引を始めることを「新規買い」、「売り付け」て取引を始めることを「新規売り」といいます。取引が成立した契約のうち、未決済の契約(ポジション)を「建玉(たちぎょく)」と呼び、「買付け」による建玉を「買建玉」、「売付け」による建玉を「売建玉」と呼びます。





ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります
10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
はじめに
当ブログに掲載されている内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますので、あらかじめご了承ください
重要開示事項
プロフィール

横谷 孝史

Author:横谷 孝史

20代前半に劇症肝炎にかかり半年入院するも奇跡的に生還する強運の持ち主。現在、ブログやセミナーを通じて相場情報を提供中。
ブログ「マーケット・レーダー」では相場に対して真剣に向き合っておられる投資家の皆様と一緒に日々鍛錬していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

株式会社コムテックス
連絡先 0120-433-667

メール会員募集中(^^♪
Email2会員
開催中のセミナー
情報サイト
売買方針に特化した相場情報サイト 「CXマーケットEye」詳細はをクリックしてください

フュージョントレード誕生(^^♪
プルダウンリスト

Archive RSS Login