マーケット・レーダー

商品先物相場の方向性を鋭くキャッチ・・・マーケット・レーダー


今年もスイスに集合

 世界経済フォーラム(WEF)の年次総会・・・

そうダボス会議が開幕しています。

今年のテーマは「分断された世界における共通の未来の創造」です!昨年は「迅速な責任あるリーダーシップ」でした。

また現職米大統領としてはビル・クリントン氏以来のダボス会議参加となるトランプ大統領が何を話すのか・・・26日に演説の予定

さらに今年は総会では初めて共同議長が全て女性で占められるという。
昨今のセクシャルハラスメントなどの事もあるのだろうか・・・

そして日本からはと言いますと小泉純一郎政権の2005年以来の日本は首相と閣僚が一人も出席しません・・・

全く興味が無い方は無視してもらってもいいとは思いますが私は毎年今年の参加者はどのような方が参加しているのか注目しております。数年後のヒントになるかもしれません。

28日までのWEBセミナーの募集をブログトップに張り付けていますが実は今日の大きなニュースの一つが早くもWEBセミナーで話していたことと一致しております。




ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

注目場面到来

貴金属系は注目場面到来。

お問い合わせはやはり多いのが「もうゴールドは天井を打ちましたか?」との内容。

白金に関してはほぼ無いのも不思議と言えば不思議だが。

今日の安値と今日の高値をポイントに見ておきたい。

来週は月曜は始発の電車で関東へ。即トンボ帰りして翌日も早朝から遠征します。

このブログや動画やCXマーケットEyeやメールでの出会いからご契約をしていただけることに感謝しております。

全国どこへでも条件さえ合えば馳せ参じます!

オイル系も当然注目。明日はオイル系はあの日です。 






◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります 

なぜ・・・

 
昨日よりも多くゴールドの問い合わせがこの時間でもあります。

当然売り玉をホールドしている方ばかりでどこまで上がりますか?

4600円以下の売り玉の方や4500円台半ばでの両建て玉をどうしたらいいのか・・・

お困りになっておられます。

放送や有料情報サイトなどで何度も昨年の夏の時と同じような形状であり地下マグマも同じような動きになっていると伝えていたが・・・この流れに乗ることができなかった・・・

ネットで孤独に戦っている方はブログや各社の市況情報などを穴が開くほど見ておられると思いますがいざ行動に移すとなると出来ない方が多いのも事実。

昨年も全国各地に飛び回りましたがお声かけて頂ければ全国各地どこへでも馳せ参じます。

このブログでは簡単なコメントしか掲載していませんが

CXマーケットEyeプレミアムコンテンツの「今日のつぶやき」では朝・昼・夕方と詳細に記事を書いています。

また無料メール会員様向けの記事では当番の時に注目銘柄について詳しく書いております。

対面取引についてのお問い合わせは

0120-433-667 よこたにまで

無料メール会員募集中

06cxtech_20180105102508506.jpg


有料情報サイトCXマーケットEye

cxeye_20180105102615b9b.png


ゴールドは当然過熱感がでてきていますので目先は注意レベルですが目標としている価格はまだ先にあると思っております。
278円の今日までの上昇幅。自律調整でも106円の下落があってもおかしくない。ただ完全な天井形成をそれでしたかどうかは総合的な判断が必要になります。
上げた幅がでかければ当然揺さぶりもデカイことは理解しておきたい。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

ビットコインの記事に金との比較が

ビットコイン急騰劇、主役担う日本の個人投資家!

とのタイトルの記事が昨日出ていた。
その内容は!

http://bit.ly/2j0hGvh


あの金が6495円をつけに行った時の動きと似ているとの内容でしたが、上がったものは下がる。
誰かが最後にジョーカーを引く。

それを覚悟でしないと流行りだから・・・ではだめです。

今夜はオイルの動きに注目しておきたい。

お問い合わせは 0120-433-667 よこたに

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります



為替相場は正念場

 1115yen.jpg


ドル円の週足です。

注目すべき週になりそうです。先週の安値を割り込む動きになっており114.73円が意味ある高値になる可能性がありそうなってくるとここから先の動きとしては円高。
NYダウの形状も気になる形状にさらになってきておりその辺も含めてドル円は年末にかけて今年はいつものような動きにはならないこと考えておく必要がありそうだ。

そうなると商品相場は為替の影響を受けますのでドル建て価格との兼ね合いなども考えての対応になります。

また例年の動きとは違う動きになりそうな気配の商品相場銘柄もあり週末にかけての動きには注意したい。

CXマーケットEyeでは商品相場以外にも株式や為替の記事も掲載しております。

本日からWEBセミナーは23日まで見放題です。
11/25東京
12/2大阪
にて一目均衡表はなぜ?よく使われるのか!のセミナーも開催します!

cxeye_201711151734090f1.png

ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで







◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

はじめに
当ブログに掲載されている内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますので、あらかじめご了承ください
重要開示事項
プロフィール

横谷 孝史

Author:横谷 孝史

20代前半に劇症肝炎にかかり半年入院するも奇跡的に生還する強運の持ち主。現在、ブログやセミナーを通じて相場情報を提供中。
ブログ「マーケット・レーダー」では相場に対して真剣に向き合っておられる投資家の皆様と一緒に日々鍛錬していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

株式会社コムテックス
NPO法人
日本テクニカルアナリスト協会
認定テクニカルアナリスト

横谷 孝史

メール会員募集中(^^♪
Email2会員
開催中のセミナー
情報サイト
売買方針に特化した相場情報サイト 「CXマーケットEye」詳細はをクリックしてください

フュージョントレード誕生(^^♪
プルダウンリスト
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

市況情報
パーツ提供:ALL外為比較

Archive RSS Login