マーケット・レーダー

商品先物相場の方向性を鋭くキャッチ・・・マーケット・レーダー


動きが面白くなってきたけれども

夜間取引スタートしていますがここ数日の動きに関しては注目しておきたい銘柄があります。

今日の夕方の放送(CXマーケットEye)でもいつもより熱く詳しく話をしました。

面白い動きをしそうな銘柄は出てきているのだが・・・・・

電話でご質問を受ける事も多くなっています。

でも依然として値頃族の方が多いのも事実。

安くなったから買うのではなくて何かサインがでたから買う。

高くなったから売るのではなくて何かサインが出たら売る。

途転売買してもいいタイミングなのか?

利食いだけにしとくのか?

一呼吸置くべきなのか?

ここまでは耐えた方がいいのか?

資金配分から見て今は攻め時なのか?

両建て地獄になるのか?

それとも瞬間両建てしても動きが明確になればどちらかを外す?

それともどちらかに力を注ぐのか?

じっと見ているだけのウィンドショッピングトレーダーで過ごすのか?

その時の状況においてやることは変わると個人的には思います。

動きが出なければ利益も出にくい。


3人のサポートを受けて取引を考えてみませんか?

全国各地条件さえ合えばどこでも馳せ参じます!



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります
 

10月も!

 今日から10月の相場がスタートしました。

商品市場では9月上昇していた銘柄の動きが注目されますね。特にオイル系。

また地味に動いているあの銘柄が本格活動をするのかどうか?


北朝鮮問題も今月はひとつの山場を迎えます。

株式市場も為替市場も動きが出る事でしょう。

FXの異世界ではレバレッジが10倍まで下がるのとの報道もありました。

レバレッジを利かして取引をされている方らすれば残念なニュース。

現在商品先物では金の取引ですと1キロの証拠金が66000円。現在1キロの価格は461万円になっていますのでレバレッジは69.8倍となります。

FXは昔200倍のレバレッジが主流でしたがその後規制が入り今の倍率へ。

倍率を規制をしてもじっと損を抱えるてじっと我慢するのであれば倍率の規制をしても同じこと。

商品相場の面白さを少しでも皆さんにお伝えできるように10月も頑張っていきます。

1002g.jpg



YouTubeで過去の動画配信開始しました。
下記バナーをクリックしてください。
yu.jpg

29の放送です!

夕方のCXマーケットEye会員様向けの放送ではさらに詳しく話します。

cxeye_20141028091600995.png 


前場の動きのコメントは「CXマーケットEye」にて書いています。
夕方にはCXマーケット会員様向けだけの明日への道標的な内容を放送しています。


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります





原油はl国内も海外も・・・・

 本日昨日の下髭をぶち壊す下げを演じているオイル相場ですが原油の国内と海外の週足一目均衡表は以下のように状況。


0606aaaa.jpg



両方ともに雲の上限水準まで来ていることになる。3月の安値を割り込んだことで日足ベースは悪化しておりますが週足ではこのような状況ですので今日日足ベースでは割れてはいますが明日の動きには警戒したい。

ちなみに8月の安値からの上昇幅の半値押しが33110円。1月の安値から上昇幅の38.2%ダウンが32580円。本日のここまでの安値が33690円。そして今週の雲上限価格が33560円。
ですので下値は33560円・33110円・32580円が下げてきた場合の次の注目価格として対応になります。

上記のような内容をCXマーケットEyeのプレミアムコースの「今日のつぶやき」の中で朝・昼・夕方と、金・白金・ゴム・ガソリン・原油・コーンについて3回基本更新し夕方には明日の撤退価格を掲載して方針転換もわかりやすくしております。
9日まで無料体験できますので下記バナーをクリックしてください(^^♪

CXマーケットEye無料体験の募集
06kokumuryou_20170602164732faa.jpg 

CXマーケットEyeコンテツ内容及び申込先については下記のバナーをクリックしてください。
  cxeye_20150123102839bb9.png





ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります
     

本日オイルとゴムの問い合わせが多いのですが

本日はオイルとゴムのお問い合わせが多いのですが・・・

昼の放送でも話しているように下値のポイントを計算しての対応。

そこまでじっくり待って確認してから出動するのか?

それともそこで追撃・撤退をするのか?

資金配分的にはどうなのか?

などなど個々状況が違うかと思います。

メールでのお問い合わせに関しては対応しておりません。
電話での対応になっていますのでご了承ください。

現在ゴムもオイル系も撤退価格を見ながらの対応になりますがいずれにしても今夜のNY原油の動きがキーになる。



 ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

明日は新甫発会

 
先程の夕方の記事でゴムの事ですが

各限月の一代足から見た注意ポイントを見つけておくのも一考。

ここ最近は当先の鞘の拡大縮小の変動が大きくなっている点で考えてみても安値になっているときと高値になった時にどのような価格になっているかもチェックしておけば面白いことが見つかるもしれませんよ。
0525r10.jpg

0525r11.jpg




色々な側面から分析しております。情報サイトCXマーケットEyeの「今日のつぶやき」の中ではこのようなことを日々発信しております(^^♪

そのCXマーケットEyeが5/29から6/9まで無料体験できます。今回は約2週間読むことができます。お申込みは下記バナーをクリックしてください!

06kokumuryou.jpg



ブログの内容や対面取引についてのお問い合わせは0120-433-667よこたにまで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

はじめに
当ブログに掲載されている内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますので、あらかじめご了承ください
重要開示事項
プロフィール

横谷 孝史

Author:横谷 孝史

20代前半に劇症肝炎にかかり半年入院するも奇跡的に生還する強運の持ち主。現在、ブログやセミナーを通じて相場情報を提供中。
ブログ「マーケット・レーダー」では相場に対して真剣に向き合っておられる投資家の皆様と一緒に日々鍛錬していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

株式会社コムテックス
NPO法人
日本テクニカルアナリスト協会
認定テクニカルアナリスト

横谷 孝史

メール会員募集中(^^♪
Email2会員
開催中のセミナー
情報サイト
売買方針に特化した相場情報サイト 「CXマーケットEye」詳細はをクリックしてください

フュージョントレード誕生(^^♪
プルダウンリスト
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

市況情報
パーツ提供:ALL外為比較

Archive RSS Login