九星から見た本日の相場 

カテゴリ:明日の九星

 株式・FXにも使用可能!今日の相場は!


4月28日 金曜日 乙酉 七赤金星 赤口 

「人気に逆行して動く日」

また乙酉は

「27日天井打ちて下へ向けば寄付き高くても売るべし 逆に底の場合は下りても買うべし 転換期に入る」

 




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります

 

テーマ : 商品先物取引 ジャンル : 株式・投資・マネー

朝昼夕方3回情報の提供 

カテゴリ:お知らせ

 当社が提供します相場情報サイト「CXマーケットEye」

昼の放送でよく「会員の皆様には!」と言っているがさてその内容はどうなのか?

動画放送は昼の放送も含めて実は3本提供しております
1384328242046350300.jpg
朝9時半前後からの今日のポイント!
夕方4時前後に放送している今日一日を終わっての相場見通し!


またこのブログでは簡易版で提供していますが情報サイトではプレミアムコンテンツ「今日のつぶやき」の中でさらに詳しく各銘柄に対してチャートを使って詳細にチャート分析をしております。朝・昼・夕方と三回更新しております。
また気になるテクニカル指標についても随時アップなどをしており総合的な面から分析結果を記載しています。

お一人でなかなか判断ができないような方は是非このサイトを相場を見るうえでの武器として活用して頂ければと思います
 


内容についてのお問い合わせは0120-433-667まで


CXマーケットEyeコンテツ内容及び申込先については下記のバナーをクリックしてください。
 
cxeye_20150123102839bb9.png



我々CXテクニカルメンバーと直接対面取引でお取引をされる方に関しましては上記情報サイトの裏技をご提供します。 
隠し味を付け加えることでさらに早く対処ができます。一緒に取引を考えてみたい方はぜひ直接ご連絡くださいませ。
business_20170223090356e18.jpg
連絡先0120-433-667 よこたにまで 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります
 

テーマ : 商品先物取引 ジャンル : 株式・投資・マネー

現在のゴールド・プラチナ・ゴム・そしてオイル相場の方向性について 

カテゴリ:工業品

  終了しての各銘柄の方向性 簡易版  
チャートなどを使っての分析やお昼のコメントは情報サイト
CXマーケットEyeにて 掲載中です。 FX取引や株式取引にも影響を与えるオイル相場や貴金属相場の商品先物取引はコムテックスで        


0427pk_201704271547589ec.jpg

                                                                           
東京金    買い方針
東京白金 買い方針
東京ガソリン 売り方針 K
東京ゴム  買い方針
東京コーン 買い方針

撤退価格や売買ポイント価格は毎日CXマーケットEyeのつぶやきの中で記載しています。

しばらくの間は諸事情で更新にばらつきが出たり更新ができない日があるかもしれません。
ご了承ください。

本日のワンポイント
金は午後からもそう大きな動きはならず。昼にも書いていますが地味に上値を追っています。売り方はあの価格まで我慢するかと思われますが抜けてきたら一気に加速のパターンか。
白金はほんまにレンジの中の動きになっています。3340円以外であれば3390円がポイント。逆張りの動きが継続するのか注目したい。
オイル系は下値も上値も狭い位置で注意価格がいます。撤退価格も近いので常に上値には警戒はしておきたい。
ゴムは今日の安値210.0円と半値押しの209.5円が下値のポイント価格になった。明日価格戻し221.0円オーバーとなれば198.0円が非常に重要な安値になる。逆に209.5円割れてくるようだと200円再度狙いの可能性が出てくる。4月安値馬鹿にはしないでよ!作戦実行中。
コーンは方針そのまま。


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります
     

テーマ : 商品先物取引 ジャンル : 株式・投資・マネー

メール情報サービスがスタートしました! 

カテゴリ:お知らせ

 4月3日より無料メール情報サービスCX-TECH」がスタートしました 

現在当社ではCXマーケットEyeにて朝・昼・夕方と動画やコメントで商品先物相場の分析情報を提供してきましたがこのたびCX-TECHでも情報を提供することになりました。
1m.jpg
有料のCXマーケットEye の内容と比較しますとメールですので情報内容も制限がありますがCXテクニカルメンバーの安村・天内・横谷が日替わりで情報を提供してき鋭い目線から気になる銘柄を分析しご提供します。
有料のCXマーケットEyeはこちら(^^♪
cxeye_201704110930073a0.png

お電話でのご質問は
0120-433-667よこたにまで



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります
 

テーマ : 商品先物取引 ジャンル : 株式・投資・マネー

本日はゴム相場の展望 

カテゴリ:ランチタイム

本日はゴムの展望 12時半から放送開始

株式・為替相場にも影響を与える商品相場の方向性は!

過去のアーカイブやもう少し大きく見たい方は下記URLをクリック!
http://www.ustream.tv/channel/comtex-marketnews




Free Webcam Chat at Ustream
放送を見るには画面上の再生マーククリックか
画面上一番下の再生ボタンをおしてください。

YouTubeで過去の動画配信開始しました。
下記バナーをクリックしてください。

yuu2.jpg

夕方のCXマーケットEye会員様向けの放送ではさらに詳しく話します。
cxeye_20141028091600995.png 


前場の動きのコメントは「CXマーケットEye」にて書いています。
夕方にはCXマーケット会員様向けだけの明日への道標的な内容を放送しています。





◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります 



テーマ : 商品先物取引 ジャンル : 株式・投資・マネー